お勧めの解決法を2つご紹介。お試しあれ!

毎朝、顔のむくみをとるケアをされている方、多いと思います。もしその時間をカットできたら、良いですよね。むくみは「浮腫み」と書きます。浮いて腫れるという文字通り、体内に水分が溜まり、血行を悪くなることによって、むくみが出やすい顔などに水分が集まってしまいます。水分が集まれば、当然、膨らんで、むくんで見えます。

 

むくみとは、面白いもので朝は顔に、夜は足によく起こります。重力の影響と言われています。一日中、立って入たり、同じ姿勢をしていることによって、夜、足がむくみます。そして、水分が下に十分に下がったところで、体を横にするために、水分が急激に顔の方に戻り、朝、起きると、顔がむくんでいるということです。

 

なんか面白いですよね。夜、顔が普通になるけれど、足がむくんで太くなって、朝、足は普通になるけれど、顔はむくんでいる。何の対策も取らなければ、永遠に水分の上下移動が続くことになります。下手したら顔だけでなく、まぶたも腫れてしまう朝のむくみ、根本からの解決を目指しましょう。解決法をご紹介します。

 

簡単、コットンでできるアイパック

飲み過ぎてしまった日の翌日や、寝不足の時にむくみが出るのは、目の周りの血行が悪くなっているからです。なってしまったら、仕方ありません。すぐに顔を洗って、アイパックすると良いです。

 

用意するものは、手でさけるようなタイプのコットンと、化粧水です。できれば冷蔵庫の中で冷やした化粧水の方が良く効きます。やり方は簡単で、コットンにたっぷり化粧水を染み込ませ、手で軽く絞ります。それを目の上に全体が隠れるような感じで、必要ならコットンをさいてのせて、10〜15分、そのままにします。その後、コットンを取り、乳液を顔全体にマッサージするようにして塗るだけです。むくみがこれで、軽くなるはずです。

 

目の腫れが本当にひどい場合は、パックするコットンの上に保冷剤を軽く載せると良いです。ただし、目ですので、冷やし過ぎには注意が必要です。ほどほどに冷やしましょう。

 

コットンアイパックではダメな時は、タオルで温冷療法

通常の腫れであれば、コットンアイパックで対応できるかと思いますが、ひどく腫れてしまったら、タオルでの温冷療法がお勧めです。

 

冷の方は1.のコットンパックか、タオルの上に保冷剤を置いたもの、温の方はレンジでチンで作る蒸しタオルを使います。蒸しタオルを使った後で、化粧水を使うことで、より肌への吸収率を上げてくれます。

 

まず、蒸しタオルの作り方ですが、水に濡らしたタオルを軽く絞り、30秒〜1分間、レンジにかけます。火傷しないくらいまでに温度を下げてから、3分ほど、目の上にそのタオルを広げます。その後、5分ほど、冷たいコットンパックか、タオルの上に保冷剤を乗せたものを目の上に載せます。この温かいのと、冷たいののセットを2,3回、繰り返します。

 

顔のむくみは目立ちます。お悩みの方は、上の2つの解決法を一度、試してみて下さい。効きますよ。

むくみとサヨナラ

するっと小町するっと小町おすすめポイント

公式サイトへ